日本の文化、年賀状

毎年、年末(クリスマスが近づいてきたくらい)になると、ちらほらと「年賀状やらなきゃ!」という声が聞こえ始めます。
日本語として正しくないかもしれませんが、「年賀状やる」は日本人なら誰にでも通じる言い方ではないでしょうか。
まるで、宿題や仕事のような響き。
昨今は素人でも簡単にパソコンで恰好のつくものが作れるようになっているとはいえ、デザインを考え、去年の年賀状を整理して宛名を入力し、ハガキに綺麗に印刷をして年賀状を仕上げるのはやはりちょっとした手間です。
それに結局は手書きでコメントを添えないと味気ない雰囲気になってしまうので、最後に一人一人へのコメントをひねり出さないといけません。
もちろん、本当にお世話になった人や、仲よくしている友達へのものならばちっとも困りませんけれど、そうでない人への一言には頭を悩ませてしまうものです。

そんなちょっと面倒くさい気のしてしまう年賀状ですが、やはり日本の文化。
メールのやりとりが主流になってきたとはいえ、これくらいは残ってほしいものです。
大人になってくるととくに、年賀状で近況を知る間柄というものもあります。
ずーっと会っていなかった友人から、結婚しました、とか、こどもが生まれました、という年賀状が届くと、驚くと同時にちょっと懐かしい気持ちになるものです。
ずっと会っていないし、わざわざメールしたり電話するほどの間ではなくても、年賀状で知らせるくらいならちょうどいい。
そんな関係ってけっこうあると思うのです。

そして、年賀状を作ること自体も、重い腰を上げてみればけっこう楽しいものです。
専用のソフトを買えば簡単にとってもおしゃれなものが出来上がりますし、余裕があればハンコを彫ってみたりするのも楽しいです。
職場の人たちに送る場合には、普段見せられないセンスの見せどころでもあります。

年賀状メールというのももちろん手軽でよいとは思いますが、年に一度くらい、ちょっと手間をかけ、それぞれの個性や近況をのせられたハガキがおうちに届くのも楽しみなものではないかなと思います。
年末に面倒がりながらも年賀状を書き、お正月にはポストにごっそりと届いた年賀状を宛名ごとにトランプのように分け、家族でおせちやお雑煮を食べながらそれぞれの友達や職場の仲間の年賀状を眺める。
全部ひっくるめて、日本の文化です。
1人で携帯のメールを眺めるだけよりも、ちょっと楽しい感じ。
ぜひこれからも続いてほしいなあと思います。

free blog themes